BLOG

2020/05/25 1

擲り書きですが


こんにちは。あげいんです。






誰も悪くなくて、ただただウイルスが悪いことはわかっているけど、それじゃあこの気持ちはどうしたらいいんだろう。そんな思いでただただ抜け殻のようになりました。






ワンマンライブ『この物語の主人公は君だった。』中止という判断をとらせていただくことになりました。
初めて作った自主制作アルバムを引っ提げてのワンマン。オリジナル楽曲やレッスンに通いはじめたギターとダンス、その他様々な仕掛けを準備してまいりました。






この日を楽しみにしてくれていた人も沢山いたはず。この日が初めてあげいんに会える日だった人もいるはず。久しぶりに会えるなあとたくさん準備してた子もいるはず。






もしかしたらこれが新しい出会いとのきっかけの日だったかもしれないと考えるとすごくすごく悔しいです。






ワンマンライブって本当に特別で、何度も何度も打つことが出来なくてね。やっとの思いで開催できると思ったんだけどなあ。






文章支離滅裂だね。ごめん。






悔しいなあ…。






ライブがないと様々な事柄においてモチベーションの維持が大変だと思います。





それは僕も同じです。





だけどこのウイルスが一刻も早く収束してまたライブがしたいという気持ちは変わりません。音楽をやっている仲間やスタッフがこの仕事をできなくなったり、ライブハウスが営業できなくなったり、みんなが心からライブを楽しめる環境が整わなかったり、日常としていたものが取り戻せなくなる未来は来てほしくないし、そうしてはいけないと思っています。






だからどうか、ライブや音楽が好きな気持ちは忘れずに、この事態が収束したらまた笑顔でライブを楽しみに遊びに来てくれたら嬉しいなと思います。






僕もこの活動を続けられるよう、本気でしがみつきながら頑張ります。






また必ずワンマンライブが開催できるよう、真摯に活動していきます。こんな時だからこそ、できることが沢山あるはず。片っ端からみんなが楽しいと思ってくれるようなことをリリースしていけたらと思っています。





お手数ですが、チケットの払い戻し必ずしてください…!!





みんなの手元に返ってくるはずのお金はしっかり手続きをして手元に置いといてくださいね(;_;)






この物語の主人公は君だったんだ。きっと最後は笑えるはず。
一緒に乗り越えましょう。









ハア〜〜〜〜(クソデカため息)





今日だけめちゃくちゃに落ち込ませてくれ〜〜






あげいん


COMMENTS

  • Riika 2020/05/25

    この物語の主人公は君だった。
    まだ、終わってませんよね??
    絶対笑って終わりましょうね!